FC2ブログ

那須へ(ワンコと山歩き三昧) 

今日は、湯わん を出て 那須ヴォルペへ
「栃木県の山」という本で道中で登れそうな山をリサーチ
鶏頂山 キャバマル
弥太郎山 というところに行ってみることにする

高速使わわずへ那須方面へ

鶏頂山 キャバマル
途中にあった 上三依塩原温泉口駅

鶏頂山 キャバマル
初夏の放牧

弥太郎山の登山口は林道終点の「土平園地」
鶏頂山 キャバマル

鶏頂山 キャバマル

軽快にしゅっぱ~つ(13:30)
毎度おそい。10名ほどのグループが下山して帰っていった。
鶏頂山 キャバマル

道はわかりやすく、最初の100Mと最後の100Mが坂なだけであとは楽ちん

弥太郎山 キャバマル
最後の最後、ちょっと迷う。この笹原を突っ切る?

あたりだった 山頂到着(14:30)
鶏頂山 キャバマル

弥太郎山 キャバマル
三角点にタッチして
弥太郎山 キャバマル
記念撮影
弥太郎山 キャバマル

登山道は鉄塔管理用の道らしく
弥太郎山 キャバマル
どこもきれいに整備されてて歩きやすい。
時間があったら鉄塔下の草地でランチもいいね

弥太郎山 キャバマル
楽しい?

そして、戻る途中

なんと

犬がいるっ! いる? いる?! なぜ???
弥太郎山 キャバマル
白丸のところ

ほら
弥太郎山 キャバマル

犬に見えるよねえ
弥太郎山 キャバマル
びっくりしたわ、もう~

弥太郎山 キャバマル
弥太郎山 さっきまでいたのに遠い

弥太郎山 キャバマル
車みえてきたね~

弥太郎山 キャバマル
楽しいハイキングでした (15:50 所要約2時間半)

ではいつものお宿のヴォルペへ
那須 キャバマル

那須 キャバマル

翌日5月16日
延泊できますよ~という声に後ろ髪ひかれつつ出発(だって夜仕事だし)
那須 キャバマル
どこいくの?

那須 キャバマル
ぬっぱらしつげん っていうところ

途中、未舗装になって、前の嬬恋から車坂峠へ上がった砂利道を思い出してぞっとなったけど、ほんの少しだったから大丈夫でした

駐車場 名前なんていったかな 広い
那須 沼原湿原

那須 沼原湿原

沼原湿原 キャバマル
木道

沼原湿原 キャバマル
展望台

沼原湿原 キャバマル
展望台から那須山方面

沼原湿原 キャバマル

沼原湿原 キャバマル

沼原湿原 キャバマル

沼原湿原 キャバマル
そっち反対だよ~

沼原湿原 キャバマル
「こっち?」
そうそう

沼原湿原 キャバマル
気持ちいい
沼原湿原 キャバマル
光 と 風 と 鳥の声 しかない
沼原湿原 キャバマル

沼原湿原 キャバマル
4日間よく遊びました

安全運転で帰りましょう
那須 キャバマル
佐野SA 限定販売(?) のあまおうのクレープ
まいう~







スポンサーサイト



trackback --  |  comment --

PAGE TOP

日光へ(ワンコと山歩き三昧) 

今回は、日光・那須方面で山ごもり
まずは日光へ

日光 キャバマル
佐野SA ドッグラン

「湯わん」 スィートルーム
日光 キャバマル
戸を開けると露天になる構造

ドッグラン
日光 湯わん キャバマル
屋根付き こたつ付き ウッドデッキ併設
(これは山登りして帰ってきたとこだね)

日光 キャバマル
緑多し~

日光 キャバマル
ウッドチップは実はちょっと嫌い

日光 キャバマル
箸置きがかわいかった

翌日 5月14日 鶏頂山へ
有料道路途中の登山口
鶏頂山 キャバマル
駐車場には他の車なし

この写真の左側に看板があり
注意書きの最後に「一人で入らない」と・・・

まあ、ハナと二人だからね。一人じゃないね(と言い聞かせる)

しかし登山開始が12:00
なぜ近くに宿をとっているのにこんなに遅くなるか・・
答えは簡単、準備開始が遅かったから
鶏頂山 キャバマル
最初はスキー場の横の平坦な道

鶏頂山 キャバマル
帰りガスが出ると迷いそうだったから保険で撮影

鶏頂山 キャバマル
楽しい?

鶏頂山 キャバマル
大沼入り口 の案内

鶏頂山 キャバマル
何かいる?

鶏頂山 キャバマル
本鳥居? 神妙に挨拶して通る

鶏頂山 キャバマル
登れないよ

この先、道は急になり撮影する余裕なく
鶏頂山 キャバマル

稜線尾根に出たところ(13:40)
鶏頂山 キャバマル

でもここでガスが増えてきたのと、遠くで雷鳴(聞き間違い?)
雷レーダーにも(遠いけど)落雷マークあり
どうするか・・・
ここまで休み入れて1時間半ほど。
山頂まであと100mだけど、山頂で休むとここから往復1時間。
そして途中また休みを入れると下山が16時半過ぎるかも。
天気が怪しめ、人が誰もいない(人がいるのも怖いが)、知らないところ、下山口は山の中(街なかではない)、焦って下るのもしんどい、、、

いろいろ考えて、怖いからここで引き返すことにする
母さん、すぐビビって引き返しちゃうんだよね~ 弱虫です

そのかわり、焦らずゆっくり楽しんで歩いて
鶏頂山 キャバマル
ゆっくり休みもとって
鶏頂山 キャバマル
山の中の時間を楽しみました

鶏頂山 キャバマル
置いてきた車が見えると毎度ほっとする

鶏頂山 キャバマル
ケースの中に入っている入山簿に下山時刻を書き込んでおしまい(15:50)
無事、熊にも襲われず、下山できました。ありがとう。

でもノートを見ると、1日の入山者は1~2組あるかないか。ここはローカルかな。湯わんのスタッフが、ロープウエー(リフト?)で登れるらしいって言ってたから、次回は楽してみようかな。

鶏頂山 キャバマル
途中の滝

宿へ戻って丸洗い
鶏頂山 キャバマル
わんこ用お風呂
鶏頂山 キャバマル
あはは、曇った
このお風呂、気持ちよかったらしい。
夜にもまた入るって言われたけど、またドライヤーかけるのヤだから諦めてもらった

噂に聞いていたけど
鶏頂山 キャバマル
連泊2日目の夕飯、すごい

鶏頂山 キャバマル
カニ

鶏頂山 キャバマル
伊勢海老

鶏頂山 キャバマル
ハナにもご飯頼みました

鶏頂山 キャバマル
一気食い

そして
鶏頂山 キャバマル
撃沈

湯わん 宿はよかったけど、これまた噂に読んだ電車線路側の部屋だったもんで、朝6時過ぎから大きな音で起こされてしまった(泣)

長いので続く



trackback --  |  comment --

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

検索フォーム